もう一つのきまま通り
ガーデニング(家庭菜園など)を主としたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新しくEMぼかし肥料を作りました

EMぼかし肥料の作り方は、前回説明したのとだいたい同じです。今回で、4回目の作成になります。

米ぬか  1キログラム
油かす  100グラム
魚粉   100グラム
骨粉   100グラム
鶏糞   100グラム
草木灰   50グラム
EM1号   3cc
糖蜜     3cc
水(水道水を一晩おいてカルキ抜きしたもの) 300cc

これらを混ぜ合わせて、半年ほど熟成させておきます。
3ヶ月ほどで、出来るのですが、それほど、使わないので、結果的にはそうなってしまいます。

ぼかし-13


よろしければ ポチッと押してやって下さい→ blogranking


もう一つのきまま通りのランキングは、今、この辺りです。

スポンサーサイト


  1. 2007/04/08(日) 13:56:40|
  2. EM肥料作り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ペットの草の芽がやっと出てきました

ペットの草が、やっと芽を出し始めました。
3日ほどで、芽が出るはずだったのですが、やはり、気温の加減もあるんでしょうね。簡易温室に入れておいたら、出始めました。10センチ以上伸びたら収穫ということなので、楽しみです。まだ、芽は、まばらですけれど、これから、全体に伸びてくると思います。

ちなみに、この鉢、先日は肥料臭いというのか、近くに寄っただけでもすごい異臭がしていたんですけれど、EM活性液をかけて1日おいたら、全く匂いがしなくなりました。いゃー、こういう有機物の消臭効果はすごいですね。しばらく、EM関係の記事を書いていませんでしたが、EM活性液は完成しています。なぉ、その出来たEM活性液を使って更に、2次培養して、更に活性液を増やすのにも成功しました。マニュアルでは、2次培養は、出来ない、菌のバランスがくずれるということでしたが、匂いからすると、十分成功しているみたいです。2次培養液を作るときには、スーパーで買った、黒砂糖(原料は、糖蜜のみのもの)を使ってみました。この鉢に使ったEM活性液も2次培養液です。1次培養液は、1.5リットル。2次培養液は、2.5リットルくらい出来てますし、園芸に使うのは、これを500倍くらいに薄めて使うので、使い切れないほどです。でも、他にもいろいろと使い道がありそうなので、まぁいいかな。最初に買った原液は、1年くらい保つようなので、1年後は、また、最初から新たに作り直そうかとも思っていますが…ぼかし肥料のほうも一応出来ています。出来るだけ、そのままねかせておくほうが効果が高くなるというので、そのまま使わずに置いています。さらに、初回の倍の量のぼかし肥料もいま発酵させているところです。どうも、初回のは、カリ分が少なそうだったので、2回目の作成は、草木灰を混合して作っています。肥料も、私が、プランターなどで使うにしては、大量に出来そうです。

たまの健康サラタ゛2

たまの健康サラタ゛3


よろしければ ポチッと押してやって下さい→ blogranking


もう一つのきまま通りのランキングは、今、この辺りです。



  1. 2006/03/26(日) 14:30:43|
  2. EM肥料作り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

EMぼかし肥料作りに初挑戦しました

EMぼかし肥料作りに初挑戦してみました。作り方は、EMコミュニティポータルサイトのEMボカシ編を参考にしました。

米ぬか 約500グラム
油かす  100グラム
魚粉   100グラム
EM1号 1.5cc
糖蜜   1.5cc
水(水道水を一晩おいてカルキ抜きしたもの) 150cc

材料は、以上を混ぜ合わせて、今、ねかせているところです。容器は、計算して2.5リットルのものを用意したのですが、この分量だと1リットルくらいの容器でちょうどだったみたいです。今後に生かします。嫌気菌なので、できるだけ隙間を作りたくなかったのですが、今回は仕方ありません。次回、もう一回り小さい容器を用意するか、分量を増やすか、考えます。消費量にもよりますしね。

まず、糖蜜を1.5ccをスポイトで計ります。これは、化粧品用のスポイトです。結構、強力なスポイトですが、糖蜜の粘性度が高くなかなか、吸い込めませんでした。今度は、ふたを開けて、違う管の太いスポイトを使った方が良さそうです。
ぼかし-1

次は、これを少量のお湯で溶かします。 

ぼかし-2

EM1号も、同量の1.5cc。
ぼかし-3

次に、糖蜜をカルキ抜きした水で、150ccに薄めたあとで、最後に、EM1号を入れる。
ぼかし-4

油かすと魚粉は以下のものを用意しました。それぞれ、100グラムずつ計りました。
ぼかし-5

米ぬかは約500グラムです。
ぼかし-6

まず、粉類を混ぜ合わせました。
ぼかし-7

EMの混合液を混ぜ合わせると、手で握ると団子が出来るような状態になります。
ぼかし-8

これを、容器に空気が入らないように、押しかためながら詰めていきます。
ぼかし-9

その上に、空気と接触しにくいように新聞紙を敷きます。
ぼかし-10

そして、容器のふたをして密閉します。
ぼかし-11

最後に、黒のビニール袋で、出来るだけ空気が入らないように密閉します。
ぼかし-12

これを、直射日光の当たらないところに置いておきます。

ここまでが、仕込み作業です。2週間くらいで、出来るそうですが、熟成期間は長い程よいそうです。使うときに、考えます。

よろしければ ポチッと押してやって下さい→ blogranking




  1. 2006/03/07(火) 14:51:29|
  2. EM肥料作り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

EM活性液を作りました

今回は、栽培の話ではなく、「病害虫に強くなり、農薬を必要としない管理が期待できる」といううたい文句の、EMぼかし肥料を手作りしてみようとしているところです。

とりあえず、必要なのは、EM1号、糖蜜、米ぬか、油かす、魚粉なんですが、このうち、EM1号、糖蜜は、インターネットで注文して買いました。一番小さい、200ccのを。送料は、かかったけれど、近くのホームセンターでも売っていなかったもので…米ぬかは、生協で買いました。後は、油かす、魚粉ですが、これは、今度、ホームセンターに買いに行こうと思います。

今度の、春まきに何とか間に合わせようと思っているのですが、何とかなるかな?

ということで、とりあえずは、EM活性液を作ってみました。写真は、左から、EM1号、糖蜜、そして作ったEM活性液(1.5リットル)。発酵仕上がるまでに、2週間ほどかかるみたいです。

ちなみに、これをみて、知りたいなぁと思われる方は、EMコミュニティポータルサイトに行かれると、いろいろとわかると思います。宣伝ではありませんので、あくまで、紹介です。

EM活性液

EM1号、糖蜜

他にも、花・ガーデニングのブログ が、いっぱいありますよ~。『人気blogランキング』

にほんブログ村 にも登録しています。



よろしければ ポチッと押してやって下さい→ blogranking




  1. 2006/03/01(水) 18:11:09|
  2. EM肥料作り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。