もう一つのきまま通り
ガーデニング(家庭菜園など)を主としたブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

きゅうり第一雌花の実は大きく成らず

最初に咲いた、第3節の雌花の実は、4センチくらいのままで全然大きくなりません。他の株も同じような感じです。もう一つ上の第4節の雌花の実は、だんだん大きくなってきました。今は、7センチくらいです。15センチになったら、初なりということで収穫しようと思います。ついでに、大きくならないのは、花丸きゅうりとして収穫します。きゅうりって、小さくても美味しく食べられるそうです。

草丈は、85センチになりました。支柱も180センチくらいまで伸ばしました。きゅうりの収穫は、6月の後半位なんでしょうね。それまで、丈夫に育てたいと思います。

きゅうり12

きゅうり13

きゅうり14

きゅうり15

きゅうり16


よろしければ ポチッと押してやって下さい→ blogranking


もう一つのきまま通りのランキングは、今、この辺りです。
スポンサーサイト




  1. 2006/05/25(木) 11:35:57|
  2. きゅうり'06|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

5節目までは

通常のセオリーでは、株を大きくするのに5節目までは、脇芽、実とも取った方が良いとされていますが。6節目以上で、子、孫を作った方が多く収穫できたと思います。肥料のやり方が難しいですけど.....キュウリにも色々あるので、どの品種でしょうか? 去年は、砂地+北進キュウリで豊作でしたが、今年は、黒サンゴ+赤土です。
  1. 2006/05/26(金) 09:31:38 |
  2. URL |
  3. さとし #-
  4. [ 編集]

さとしさんへ

ご助言どうもありがとうございます。ちなみに、きゅうりの品種は北進です。

私も、園芸書とかネットとかでいろいろと調べているので、ある程度のことは分かっています。おっしゃるように、5節くらいまで、わき芽や実を取るのが普通みたいですね。

ただ、私の読んでいる園芸書には、プランター栽培の場合は、そんなプロのするようなことまでしなくても栽培できますよ。というようなタッチで書かれているので、試しにやっているまでです。実際に、3節で雌花が出来たので、そのまま放任して、どうなるのか様子を見てみました。ただ、どう考えてもそれより下のわき芽や雄花のつぼみは、多少なりとも不利だと思ったので、最初の雌花以下の、わき芽や雄花は、摘み取りました。で、結果的に、その雌花の実は、大きくなりませんでした。大きくならなかったということは、結果的に取らなくても、株に負担を与えなかったと言うことです。今、もう一つ上の、第5節の実は日に日に大きくなっています。第4節の実が大きく成らず、第5節の実が大きくなったのは、それは、株にそれだけの余裕があるからだと思います。株の方も、どんどん成長しています。最初の実は、株が弱らないように早めに取るのは、セオリーですし、それをするとしても、後の収穫に影響は、おそらく出てこないと思います。こうして、いろいろと試しながら、株の様子を見ながら育てていくのが、趣味の園芸です。だから、面白いんです。

肥料の方は、EMぼかし肥料と有機配合肥料を元肥として、適量、土に混ぜています。それから、もう一種類、特殊な肥料なのですが、果菜類用の有機一発肥料という、5種類の肥料成分がコーティングされて、時期と共に溶け出していくので追肥が要らないという肥料を定植の時に株周りに、取説の3分の1の量を撒いています。これは、肥料切れを防ぐための補助的な肥料として使っています。後は、ついこの間、プランター周りに、少量EMぼかし肥料を追肥してます。

肥料ではありませんが、EMぼかし肥料の効果を持続させるために、EM活性液を500倍に希釈したものを1週間に1回、土にスプレーしています。これは、土中の微生物等を安定させるためと、害となる菌などをEM菌を優勢にして押さえ込み、病気の発生を防ぐという目的もあります。

病気を防ぐという点では、定植時に、ダコニールで、1度、苗を消毒したのと(使用回数は、4回なので、あと3回です。出来たらもう使わない方が良いのでしょうが、天候と季節によっては、もう1回考えます。)、週1回、竹酢液とHB101を混合したものを葉に散布してます。活性液では、他に、土の鉄分補給にメネデールを1回、根がある程度広がったときに入れました。

後は、液肥をどのタイミングで入れていくか、ということですが、株と実の生長を見比べながら、考えたいと思います。一応、リン酸の比率のやや高いのを用意しているのですが、いろいろと肥料を使っているので、様子見が必要です。チッソ系が多くなっているようなら、リン酸とカリの化学肥料も少量試すこともできるしなぁと方法の一つとしては考えてます。

さとしさんは、去年は、砂地で作られているんですね。水はけが良い分、他の粘土質などよりは、良いらしいですね。たぶん、肥持ちと保水のために、堆肥か何かで工夫されたんでしようね。

いろいろと試してみるのも、楽しいですね。

今のところ、私のところのきゅうりも元気で問題ないです。また、よろしくお願い致します。
  1. 2006/05/26(金) 17:39:58 |
  2. URL |
  3. rarupapa #1jhbtX.k
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rarupapa1220.blog2.fc2.com/tb.php/235-a20bf0b0
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。